【もんもん】六本木クリア 鮫島薫という男

Pocket

六本木エリアをクリアした。
桐峰、ロバート、鮫島、堂外と、3×2のステージで話の流れは全部一緒なんだけど、
それがかえって統一感があって、面白かったという感。
きっと前イベントで六本木の物語のおさらいをしたおかげもあったかな。

さすがに堂外の2ステージ目スカイデッキで、最初に主人公が倒れてる理由がはしょられてたり
無理やりねじ込んだ感はあったけども。

個人的には鮫島の性格が気になって、興味深かった。
別にただ鮫島の性格が豪放磊落だというだけならなんでもない。
関西弁+豪快キャラなんていくらでもいるからね。

一つ気になったのは、鮫島という人間と堂外という人間が絡んでいるという事実。
もし鮫島が「喧嘩道を往く正常な豪傑」なら、
常々金と暴力で東京を支配すると豪語している堂外を認めるはずがない。

制圧のストーリーでも言っていたけど、
「金で兵隊は買えるかも知れねえ… でもな…金だけじゃ、根性とか気合は買えねえんだよ!」
とキレる霧島に、堂外は一理あると言って、
メンタルサポートにも金をかけるべきだったという。
霧島の言っているこの場合の根性とか気合は、誰かのため(ヘッドとか友達)に戦ったときに発揮する力、絆の力のことを言っていて、堂外はこれを曲解している。
一般的にはいわゆる人でなしとか心がないとか言われてしまう人間は霧島の考えを持っていない。あるいは重要視していない。(そう見えるのも含めて)

だから堂外は外道扱いになる。
だから前イベントで、副ヘッドの京神に心酔されていて、しかも姉の鮫島晶にまったく頭のあがらないほどのシスコンで、そこまで悪人に見えなかった鮫島が堂外の下について、しかも堂外の言うこと(外道な発言)を黙認していることに疑問を持った。
本当に「ん?」って些細な疑問だったんだけど。

suposored link

鮫島薫のカードの説明には「喧嘩こそが人生、喧嘩のためなら地位も名誉も捨てるという熱い男」って書いてある。
熱いは熱いと思う。けど、何かが足りない。

喧嘩道を往く正常な豪傑(不良)がどういった人間を指すのかはとりあえず置いておいて、
(たぶん、番場番次郎とか藤代玄馬だとは思うんだけど)
鮫島には堂外に喧嘩で負けたという事実がある。
その敗北で鮫島には素晴らしい喧嘩をするため、堂外にもう一度挑戦してどつき合いたいという夢が生まれた。
だけど相手は堂外という、性根がねじまがっている男だ。

ここで悩んだ、つまり悪道に屈するか否かという葛藤が鮫島にはない。
ブハハッとか大笑いして快諾していた気がする。
姉の晶に後押しされて。
鮫島には決断力が欠けている面がある。

前イベントで鮫島を迎え入れるため大阪に訪れた堂外には、京神に対しても鮫島に対しても喧嘩の仕方にしても紳士で、外道な言動はなかった。
だから鮫島の目には単純に自分を迎えにきてまで東京制覇という目標に純粋な青年に見えたのかもしれない。しかも自分よりも強く、姉の晶のお墨付きというのだから、断る理由はなかった。
この時は、堂外の方が純粋さでは勝っていた。
IMG_20150404_031847

このシーンでもそれが分かる。

 
でも鮫島はだんだん分かってくる。
チームに入り、堂外と話していくうち、チームの築き方を見ていくうち、金に目がくらんでいる桐峰や日本語がほとんど分からないロバートにはなかなか見えてはこない、堂外のゆがんでいる、まったく自分本意のエゴイストな思想に。

自分は素晴らしい喧嘩の場を与えてくれる堂外という――喧嘩の神に屈している。
その実際はろくでもなかったダメ男に意地と惰性だけで甲斐甲斐しく付き合っている女のため息のような後悔は、商業エリアの2章、ロバートと主人公の戦いを眺めている鮫島と堂外のやり取りで分かる。

「ロバートほど、ボクシングに誇りと意地を賭けて戦っていた男はおらん。せやけど、あいつにゃそれが叶わんかったからな。もしロバートが、己の意地っちゅーもんを捨てなければ…ここにおらんやろ」
「フン…モルフェウスとの契約はあいつにとっても好条件だったはずだ」
「…そういうこっちゃないんやけどな」

主人公と対面した鮫島は主人公に喜び勇んで飛び掛り、その様子といえば、玩具を与えられた子供そのもの。やっと堂外という悪道から開放されたという心象もここには含まれているかもしれないね。
鮫島は、
「喧嘩こそが人生であり、喧嘩のためには地位も名誉も捨てるという喧嘩に関しては子供のように純粋な熱い男。」

倒した際には、大阪に来いといい、一番うまいたこ焼きをおごるという。
関西最強のチームのヘッドにしては少しかわいい大阪土産だ。

覚醒絵の背景にクレマチスやらバラやらユリやら乱雑に咲かせてるけど、
鮫島が純粋って言いたいんだろうね。喧嘩に対しても性格的にも。
(一応花言葉を挙げると、バラは純粋な愛情・熱烈な恋、ユリは純粋無垢、クレマチスは高潔・精神の美しさ)
後付なのかよくわからないマザコン設定も、鮫島の性格の女性的な一面を強調させるのに一応成功しているのかもしれない。ただの手抜きの覚醒絵と紙一重なのだけども。

鮫島覚

suposored link
Pocket